ネイティブスピーク

ネイティブスピークで発音とリスニング力を学ぼう♪

 

発音矯正コーチ・スコットペリー先生のネイティブスピークを解説!

 

ネイティブスピークとは

 

ネイティブスピークとは、日本語的な発音、つまりカタカナ英語から抜け出して、バイリンガルとして正しい発音を身につける助けとなる教材です。特に、その効率性の良さには定評があり、1日20分の勉強と練習で、2カ月もすればネイティブの英語を発音できるようなるという画期的なものです。

 

たとえ完璧に英語を書いて読めるとしても、実際にネイティブスピーカーとコミュニケーションを取れなければ、正しい英語を習得したとは言えません。日本人は独特の発音をするため、聞き取りにくく、何度も聞き直されたという経験をした人も多いはずです。しかし、このネイティブスピークにはなかなか脱却できない日本人の発音をCG映像を見ながら学びネイティブの発音に変えるコツがつまっています。

 

ネイティブスピークは英語の発音やリスニング力を向上できる

 

ちゃんとして英語の発音を身につけるべく、多くの人がネイティブスピークを実践しています。この教材のメリットは、ずばり総合的な英語力がアップすることです。この教材の主な目的である、正しい発音を習得するというのは、もちろんのこと、そのスキルを手に入れることでネイティブに通じる発音やリスニング力やコミュニケーション能力が高められ向上できるメリットもあります。

 

このネイティブスピークを使って発音を学ぶことで、自分の脳を英語の思考パターンに変えることができます。カタカナ英語のままだと、聞いた音を脳で日本語に変換して考えてしまうため、理解度が落ちてしまいます。しかし、ネイティブの発音を習得することで、脳が英語をそのまま英語としてとらえ、スムーズに理解ができるようになります。結果として英語の聞き取りや表現力をアップできるのです。

 

CG映像を見ながら発音を習得できるネイティブスピークの勉強方法

 

ネイティブスピークが効果的な理由として、その簡単な勉強方法が上げられます。難しい解説抜きで、ネイティブスピーカーが発音する様子やCG映像を見ながらそれをまねるだけで英語勉強ができるのです。

 

しかも、毎日何時間も必死になって行う必要はありません。毎日20分から30分、映像を見ながら練習するだけで十分です。机に向かってコツコツと行うというよりは、運動をするかのように練習をしていくので、毎日の必要な勉強量をすぐにこなすことができるでしょう。このように、ネイティブスピークの勉強方法は至ってシンプルで、見てまねをするだけというものです。この単純な勉強ですぐに効果が現れる理由は、無駄をそぎ落とした効率的なプログラムにあります。その手法を信頼して実践するだけで、あっと今にネイティブの発音を身につけられるのです。

 

ネイティブスピークはコミュニケーション力を身に付けられる

 

ネイティブスピークを実践してみた人が残す感想の多くは、知らないうちに発音が良くなっていたとかCG映像を見ながら発音を学べるので習得しやすかったなどネイティブスピークのわかりやすさをあげているのがあります。さらに、英語を話すという苦手意識がなくなった、外国人と話すことが楽しくなったという、メンタル面での向上についての感想も大きなポイントです。

 

英語の単語を知っていても、うまく実際のコミュニケーションを取れないと引け目を感じてしまうものです。それが、苦手意識を植え付けるものとなってますが、この教材を通して美しい発音を習得することで、ネイティブに通じるコミュニケーション力を身に付けられ滑らかになり、話すのが楽しくなります。そして、会話が楽しくなるとさらにたくさん話したくなり、さらに英語力が向上する、という好循環を経験することになるのです。

 

発音力やリスニング能力を高め英語の理解度を上げるネイティブスピーク

 

このネイティブスピークには、いわゆる対象ターゲットというものがありません。大抵の外国語教材には対象者というものがあり、初心者向けや上級者向けなどとカテゴリー分けされています。しかし、ネイティブスピークはたとえ初心者であっても、ネイティブの発音を身につけるために必要な基礎を学べるようになっています。

 

さらに、上級者であってもカタカナ英語から抜け出せないのであれば、このネイティブスピークを通して、さらなる英語力向上を狙うことができます。そのため、実質全ての人に効果的な英語教材であると言えるのです。しかも、発音力が向上することで、リスニング能力を高め英語の理解度が上がるので全体的な言語能力が高まるという利点もあります。さらに一歩上の英語を獲得したいという人全てに最適と言えるでしょう。

 

 

≪公式HP≫【ネイティブスピーク】 詳細はこちらをクリック♪

 

 

 
  • LINK3を更新しました
  • LINK2を更新しました
  • LINK1を更新しました